topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院。 - 2014.12.24 Wed

救急で診てもらった日からちょうど10日目、ようやくくるみが退院することになった。
術後の経過は良好で、思ったより早い退院だった。

退院するまで毎日面会に行ってたけど、
最初は顔を見るとフーッフーッっていってたのが、だんだん甘えた声を出すようになった(*´・ェ・`*)
そして最後の方には撫でるとすぐゴロゴロ鳴くくらい、すっかり甘えんぼさんに

妹もその姿に「目が会うだけで怒ってたクロがこんなになるなんて」と驚いてた笑

クロじゃなくてくるみね(´・ェ・`)



退院の時に、先生からお世話についていろいろ説明を受けた。

一番気をつけることは、「カテーテルをダメにしてしまわないこと」だった。
くるみちゃんに合うサイズがもう生産されておらず、あまりに早く(成長する前に)ダメになってしまったらもう変わりがない。

ほんっとに細い管で、ちょっと折れ曲がるだけでも通り道を塞いでしまうようなものだった。
そういったことがないように、管はテープでとめられ、それがくるみのお腹に縫い付けてあったけど
万が一くるみが管を噛んだりひっかいたりして穴があけば、手の施しようがなくなる。
そして管の先には筒状のものがついてて、そこから尿が出てくるが常にポタポタ垂れてる状態なので
皮膚の尿焼けにも気をつけるように言われた。

とにかく「いい対処法は世話をしていく中で見つけていきましょう」と言われた。
というのも、くるみのようなケースは本当に珍しく今までに例がないため
治療方法からお世話の仕方まですべてが手探り状態だった。

そして1週間分のお薬と入院中にあげていたエサをわけてもらい、帰宅。


というか、帰宅といっても私の家にきて2日で入院になったから
正直くるみにとったらまた新しい場所なんだよね、、、(´・ェ・` ;)

当分はケージでの生活になるので、エサとトイレ、ペット用のアンカにブランケットと
ひと通り準備しその中に入れた。

001.jpg

どアップすぎて大きさがわかりずらいけど
体重は500グラムから600グラムになってて、若干大きくなったような感じ。
でもまだ全然ちっちゃかった(´・ェ・`〃)しっぽも私の指サイズ。笑

退院が夜だったので、薬もすませてあったしとにかく安静に、、、、。






いかなかった(´・ェ・`)





私すっかり忘れていたよ、、すごくヤンチャな性格だったこと、、、、






とにかく動く。ひたすら動き回る。
ケージの前を通る度に私の足の動きに興奮する。
数分目を離しただけで、ケージの中は大惨事。


管のことがあるから「元気なのはいいことだ」じゃ済まされない。





結局この日は一睡もできなかった(´oェo`;)
どっかに引っ掛けたりしないか心配だったのと
動きまわって尿がいっぱい出るせいで夜中に何度もシーツを変えたりした。

これは思ったよりも大変かも、、、


子猫なのでご飯も一日4回にわけてあげなきゃいけないし
その度に包帯を交換しなきゃいけないほど、身体が汚れるのも早かった。



まともに眠れない日が続き、生まれて初めてクマというものも出来た笑


でも不思議なことに、全然しんどさはなくて
むしろ、くるみを見るとすごく前向きで元気な気持ちになれた。


それでもちょっと目を離した隙に、管をひっぱってしまって夜緊急で病院に走ったり
うんちが出なくて下剤をあげたら下痢が続いてしまったり
エサを食べてくれなくていろいろ心配したのに、実は飽きてて他のを食べたかっただけだったり

くるみを中心に慌ただしい生活が続いた。


続く。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nicola222.blog.fc2.com/tb.php/32-249e9e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日まで。 «  | BLOG TOP |  » 手術。

チェック




ペット(猫) ブログランキングへ

プロフィール

オキザリス

Author:オキザリス

カテゴリ

未分類 (0)
アーキエイジ (27)
くるみ (7)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

♡♡♡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。